スロットルバルブクリーニング

  • HOME
  • スロットルバルブクリーニング

スロットルバルブクリーニング

スロットルバルブには、エアクリーナーで除去しきれなかったダストや排出ガス再循環装置(EGR)から吸気系に戻される排出ガス、そしてPCVバルブを通じてブローバイガスによる汚れが付着・蓄積します。

電子スロットル車の場合には、コンピュータの学習機能によりある程度までは、カバーされますが、車両本来の性能が気付かないうちに損なわれていきます。

主な症状

  • 燃費が悪くなる
  • アイドリングが不安定になる
  • トルクが下がりパワー不足になる
  • レスポンスが悪くなる
  • エンジン警告灯が点灯する
  • エンジン始動が悪い もしくは エンジン始動がきない

などとなります。

主な症状
主な症状
主な症状

燃費や出力性能に、悪影響を及ぼすため、ある程度走行した車両にはクリーニングが欠かせないパーツです。
ただし、スロットルバルブをクリーニングするとエンジン回転数に影響がでますので、故障診断機などにより、「コンピュータの学習値リセット」・「アイドル学習」などが必要になります。

従来の泡系エンジンコンディショナーでは、洗浄後に汚れが再固着してトラブルの原因となっておりましたが、「WAKO’Sスロットルバルブクリーナー」では、洗浄後の再固着・再汚染が抑えられます。

また絶縁性に優れ、かつ絶縁被膜・樹脂・ゴム・モリブデンコートへ影響を与えず安心施工できます。

スロットルバブルクリーニングは、お車の使用状況に異なりますが、
「2万キロ~4万キロごとに定期メンテナンス」として施工をおすすめしております。
「5万キロ以上未施工の場合」は、より施工をおすすめします。